クーポンに端末修理割引もついた新サービス!

「BNT-71W発売前レビュー」小さいスマホに悩む方にオススメ7,980円の7インチタブレット

「BNT-71W発売前レビュー」小さいスマホに悩む方にオススメ7,980円の7インチタブレット
以前製品モニターの応募をしていたものが当選しこのたびレビューを書くことになりました。
私の持つタブレットはNexus7とiPad mini3ですがこちらで3台目。
触ってみて思ったのはコスパに優れているところ。7,980円で購入できるのは非常にありがたいですし、タブレットの購入を迷っている方には最初の一台としてオススメしてもいいなーと感じました。

ちなみにこの7インチタブレット「BNT-71W」の発売は2015年11月13日で価格は7,980円、BLUEDOT社の製品です。
BLUEDOT BNT-71W紹介ページ
私なりの視点で紹介できればと思います。

■開封の儀
BNT71W開封
こちらが届きました。BNT71WとiPhone5sを並べて撮影してみましたがやはりスマホよりはだいぶ大きく感じますね。
一応、同じ7インチタブレットのNexus7とも並べてみると見てのとおりほぼ同じサイズでした。
開封の儀2
同梱のmicroUSBケーブルにはACアダプターはついておりませんので、USBの充電口かもしくはACアダプターが必要です。
おそらく皆さんスマートフォンかPCはお持ちかと思いますので、特に充電に関して不自由はないと思います。
試しに、iPhoneの充電ケーブルを引っこ抜いてこちらを差したところ一応充電できておりましたので、USBの口さえ合えばとりあえず充電はできるのかな?と思います。

IMG_2853.jpg
外装に関してはお値段の割にしっかりしているなーという印象。
スピーカが裏面に搭載されておりますが、テーブルなどにおいてしまうと口が塞がってしまうので音が聞こえません。
せめて角の丸い部分が穴になっていれば多少は聞こえたのかも知れません。
スポンサーリンク
■BNT-71W初期画面と電源スケジュール
BNT71W初期画面
BLUEDOTのアイコン以外は普通のAndroidタブレットですね。PlayストアやGoogle標準アプリは最初からインストールされています。
ざーっとみていってNexus7と違うところはシステム画面の「電源ON/OFFのスケジュール」。
ここから何時に電源を入れるとか、何時に電源を切るとかそういったスケジュールを設定できます。
ご家庭のダイニングテーブルなんかに置くと割りと便利な機能ではないかと思います。
BNT71W設定画面
BNT71Wのバッテリーはスマートフォンとそれほどかわらない2400mAhですので、充電せずに置いておくのであればこまめに電源OFFのほうがよいかもしれません。
電源の切り忘れがないように管理できる機能、ちょっと面白いと思いました。
電源のスケジュール
電源ON/OFFをそれぞれ設定
ファイラー
ファイルマネージャももともと入っているので初心者にも安心です。
ストレージは8GBですが実際使えるのは4GB程度です。

■USBマウスでリモートデスクトップもOK
USBマウス接続
以前Nexus7でリモートデスクトップのご紹介をしましたが、今回も試してみました。
USBマウスは別売りのUSB変換アダプターを活用し、PC用マウスと接続しました。
この変換アダプターはNexus7で使っているものと同じなので、一般的なもので大丈夫と思います。

SplashtopでPCを移している様子ですが、ここで少々不都合が。BNT71Wの解像度がそれほど高くないため、PC画面の文字が潰れてしまいました。こちらに関してはPCのほうで解像度を下げれば対応できるので致命的ではありませんが、私のようにデスクトップが散らかっている人間には少々不都合ですね。

■モンハンエクスプロアもとりあえず可
BNT-71Wの製品紹介ページにゲームもできると書いてあったのでちょっと試してみました。
モンハンテスト
チュートリアルのアオアシラまで試してみましたがそれほどきついラグやカクカクするような挙動はなかったです。
URBANO L01と比べればこちらのほうが遥かに操作はしやすかったです。
ただ、私の体感ですとハイエンド機と比べれば劣るのは間違いなく、過度の期待は禁物でしょう。
そのほかにもモンスト、パズドラなどインストールしてみましたがこれらは問題なく動きました。

7,980円という金額を考えると良い買い物ではないかと思います。

ただ、3Dmarkでスコアを取ろうとしたところまったく動きませんでした。
3dmarkテスト
スコアがあがらないのではなく、アプリの挙動そのものがおかしかった為、相性が悪い可能性が高いです。
結果表示がなくメニューに戻ってしまったのでスコアが計測できず、残念でした。

Google Playブックも表示してみましたがそのあたりはまったく問題ないですね。
playブック
といってもこちらは標準搭載なので動いて当然ですね。
やはり7インチタブレットですとスマホよりも画面が大きく、書籍や映像を見る場合には重宝します。
構造的に音がない電子書籍は向いていると思います。
先に書いたようにスピーカーがふさがると音が聞こえないので、Youtubeなど使う場合にはスタンドを用意したほうが良いでしょう。

■視野角良好も奥行き?
nexus7画面BNT71W画面奥行き
割と寝かせても画面が見えるのでその点については心配無用です。
ただちょっとわかりにくいのですが右端の切れ目を見ていただきたいのです。左がNexus7、右がBNT71WですがBNT71Wは液晶と表面の間が割りと開いていることがわかります。
BNT71W画面正面
正面から見るより横から見たほうが、筐体の白い部分とディスプレイ発光部分の間の黒い隙間が目立ちます。
実物を見ると「あーなるほど」と思って頂けると思うのですがここはブランド品との差だなと感じます。
まぁ2万円を超えるNexus7のほうが綺麗にできていて当然で、7,980円でこの視野角なら買いですよね。

■インカメラ「とりあえずついています」
カメラの位置
カメラ搭載ですのでスカイプなどでビデオチャットもできなくはないです。
ただ、画質は微妙ですので「とりあえずついてます」そんな評価です。
また、画面右下についているのでちょっと違和感があります。電源ボタンのすぐ近くにインカメラがついています。

■「安価でスマホより大きい画面が欲しい」に応える製品
BNT-71Wの魅力は7インチタブレットにminiHDMI端子が標準装備されている点に尽きると思います。
スマホの画面ではやはり小さいという方も多いですがタブレットの相場を考えるとなかなか手が出ません。
そんなニーズに応える製品であると感じました。
Nexus7MHLに非対応ですので、テレビ画面に出力するときにはこのBNT-71Wというように使い分けができます。

カメラやスピーカは正直褒められるところはありませんが、この価格でAndroidを搭載しゲームも割りと動くスペックに仕上げたところ評価しても良いのではないでしょうか。
miniHDMIでテレビに繋げば大きな画面で共有することもできます。
microSDカードも当然対応しているのでテレビ画面でスライドさせたりするのも良いですね。
関連記事

★FC2ランキング参加中★あなたの1票に感謝

テーマ : タブレット端末
ジャンル : 携帯電話・PHS


スポンサーリンク

クーポンに端末修理割引もついた新サービス!
関連記事
プロフィール

八王子に住んでます

Author:八王子に住んでます
スマホなどのモバイル通信やauひかりなどの固定通信についてちょいちょい書いていきます。
auがメイン利用で通話専用でdocomoも利用、モバイルの話はauに偏ると思いますが幅広く日常のことを書いていければなと。
Twitter:@hachioji064

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
よく読まれている記事
カテゴリ
RSSリンクの表示